知っておくと便利!HTMLの基礎知識

WebページはHTMLで出来ている

HTMLとは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の頭文字で、Webページに文字を公開するための言語です。リンクでつながったドキュメント同士を行き来する仕組みでありつながりのある文字情報を掲載する言語とも言えます。
Webページは、Webブラウザがサーバー内に格納した各HTMLファイルの情報を読み取ることで、暗号のようなデータを誰しもが見やすい形に変換され、インターネットを利用し世界中どこでもどのWebサイトを閲覧できると言うわけです。
自分自身でWebサイトを制作したい場合には、このHTMLを覚えてサーバー上にアップロードすることにより公開されます。

HTMLには基本的なルールがある

HTMLの記述は、HTMLを始める宣言をし公開したい内容を記述し終わりを宣言するルールで成り立っています。
ソースコードで構成され、始める宣言は<HTML>終わりは</HTML>で、この間に内容を記述することを要素と言います。これをひとつとして、例えば<HTML>私のサイト</HTML>とひとつの要素を作ると、サーバーからサイトに表示される場合には、私のサイトと内容部分が現れるということです。
基本的な構造は、<HTML>で大きなHTMLのボックスを作るとその中には、外には情報として見えないHead領域があり、その下にBody領域と言われる実際に表示させたい情報などの内容を記述する領域でできています。
実際にパソコンでWebサイトブラウザメニューの表示・ソースを開けると、そのサイトのソースコードが並んでいるので分かり易いです。